仏壇やお墓の扶養は四六時中することが一番なのですが、方にとっては無理な場合が多いでしょう。
なのでお彼岸のお天道様によって、お参りをすることになります。
ただ、手ぶらでお参りするわけにはいきませんから、お供え物を持ち歩くのです。
お供え物としては生前の好みに合わせてお酒やデザートなどを選ぶ第三者も少なくありません。
ただ、仏壇に供えても亡くなった人が食べるわけではありませんから、実質的には仏壇を守って要るお家の父兄や兄妹への贈り物となります。
そのことを考慮してデザートを選ぶことも少なくありません。
仏壇にも似つかわしく、食べてもおいしいデザートだ。
ウェブサイトのメールオーダーサイトでチェックしてみると、お彼岸のシーズンによって供え物のデザートが販売されています。
上品なデザートで、お年配にも好まれそうなデザートが多いようです。
デザートだけではなくくだものなどもお彼岸用のカリキュラムで販売されています。
そしたら、デザートなどの夕食ではなく、金をつつむ場合もあります。
それぞれの身内によって、何を供え物とするかを考えればいいでしょう。
お彼岸は毎年の会合だ。
遠くに住んでいる場合や就業が慌ただしい時はお参りすることが難しいこともあるでしょう。
でも気持ちだけは報ずるために、お供え物をあげることも酷くありません。
昔からの会合だとしても現代の生活に合わせた振る舞いをすればいいからだ。
現代は、自分の家に仏壇がある人のほうが少ないだから、お彼岸のことを策する機会が乏しいのでしょう。http://www.tatai-ikuji.jp/